車査定アップル

中古車査定において事故歴は査定にどう反映されるのだろうかという疑問は常につきまとうと思います。まず最初にお勧めしたいのは過去の事故がどのような事故だったか手短に伝えておこうということです。一括査定の際に、買取店とお客さんの間でもめることが多いのが、「事故歴」をとりまく解釈の違いです。どんな買取業者でも、中古車査定の際は、絶対に「事故をしてしまったことはありますか?」と聞きます。これはまず間違いなく確実に聞かれると思います。もちろん今のオーナーがその車を新車で買ったとは限りません。クルマを持ち込んできたお客さんだけが所有者だったワンオーナーのクルマの場合は「前に乗っていた人のことまでわからないよ」といった話にはなりません。これはある意味では仕方がないかもしれません。仮に前のオーナーの事故歴がわからなかったとしてもそれは仕方がないことなので法的に責任を問われることがありません。しかし自分だけがオーナーであるワンオーナーの場合も、きちんと正確に事故歴を伝える人と伝えない人がいると言う事実があるのです。また、買取店に対して「万が一、あとから修復歴があるとわかったら返金します」と誓約書を書いておくと言うやり方があります。そんな時でも実際に修復歴があったことがわかり、返金でもめるということもあります。これはそれなりの確率で起こることなのです。中古車を売る場合誰でもが少しでも高く売りたいと思うものです。そのためにどうしても正確な情報を隠してしまうということがあるのです。人間、マイナスになることはどうしても隠したくなるものです。これは心理的には仕方がないと思いますが中古車の売買においては絶対にやってはいけません。中古車の買取は商取引です。嘘があってはビジネスが成立しないのです。さらに言えば、事故歴があれば、事故によってクルマがどのようになって、どう修理をしたかを手短に伝えることが大切です。この点を正直に伝えることにより買い取り店の印象も変わってくるでしょう。かつて私が中古車買取の査定の講習で、「このクルマを査定してください」と言われたことがあります。この経験はとても驚きましたが、そのときは、ふつうに見えたクルマが、数年前の過去に大きな事故に遭っていた写真を見せられ、とても驚いてしまいました。普通に査定をした限りではその事故を見抜けなかったのです。現在は自動車においての修理技術も向上し、事故を隠す位かなり元どおりに直りますから、事故歴は、プロが見てもほんとうにわからないものなのです。さらに、その講習のときは、どんなにきれいに直しても、やはり中古車は中古車。新車のときの状態には絶対に戻らないということも感じました。これは当たり前と思われるかもしれしれませんが意外と盲点です。中古車は新車ではない、というあたり前のことにあらためて気づかされたのです。これは新鮮な驚きでした。ではどんな人に査定してもらうのがよいか。これは意外に考えられないことです。クルマが持ち込まれ、買取店では5分、10分で査定が終わってしまうと、「査定って簡単なんだ。誰でもできるかもしれない」と思うかもしれませんがこれは大きな間違いです。簡単に見えても奥が深いのが中古車査定というものです。では、査定を頼む側としては、どんな人・業者に査定を頼んだらよいのでしょうか。これは賛否両論あると思いますが、私は甘い査定業者に頼んであとのトラブルで不快な思いをするくらいなら、信頼できる経験があるしっかりとしたベテランの査定営業マンに頼んだほうがよいと考えています。中古車査定のプロになるには、どうしても経験が必要で、数千台、数万台のクルマを査定していくことが何より重要になります。 つまり数をこなさないといけません。中古車は多くの事例を見ることによりその目が養われるのです。数をこなしたベテランは、修復歴のあとや板金のつけ方が変わっていれば、「事故歴はない」と所有者が言っていてもあっという間に見抜くでしょう。いくら隠したところでばれてしまいます。中古車の査定というのは見る人が見れば「隠しているんだな」ということがわかるのです。最後にワンポイントアドバイスです。知っている事故を隠して、あとからバレてもめるくらいなら、きちんと報告したほうがよい。特に複数の買取業者が査定する中古車査定相場表であれば、特にその傾向は顕著だと思われます。これは中古車を売る場合の大原則です。嘘を言ってトラブルになることがないよう正確に事故歴を報告し健全な売買をするように心がけてください。